資格取得・認定試験対策・合格支援

医療事務関連職は、多くの専門知識を必要とする仕事です。専門職に就くには、やはり必須知識を事前に吸収しておくべきでしょう。
専門知識をシッカリと習得し、就業先へキッチリとアピールする手段として、全国医療関連技能審査機構の資格取得をオススメしています。

受験要項

資格概要
●医療保険請求事務者(医科)2級・準1級・1級
■2級
【領域I:筆記60分】医療保険制度・公費・福祉の知識、診療報酬算定上の知識(5択形式)
【領域II:実技90分】診療報酬明細書の作成(外来レセプト作成1枚/入院レセプト作成1枚)
■準1級
【領域I:筆記150分】社会保険・国民保険・返戻、査定レセプトの請求・総括(社保・国保レセプトの総括)
レセプトコンピュータを用いた実技入力(労災レセプト作成2枚)
■1級
【領域I:筆記30分】医療保険制度・公費・福祉の知識、診療報酬算定上の知識、自賠責請求、病名・薬効・検査等
診療に関わる知識全般(正誤形式)
【領域II:実技120分】診療報酬明細書の点検及び作成(外来レセプト点検、入院レセプト点検、自賠責レセプト作成各1枚)

●医事情報システムオペレーター2級
■2級
【領域I:筆記20分】コンピュータの基礎知識、医療用語の知識、医療保険制度・公費・福祉の知識(選択形式)
【領域II:実技80分】レセプトコンピュータを用いた実技入力(外来患者1名/入院患者1名)

●医療情報システムオペレーター2級
■2級
【領域I:筆記60分】コンピュータの基礎知識、院内システムに関する知識、医療用語の知識(選択形式)
【領域II:実技120分】電子カルテ・オーダリングシステムを用いた実技入力

●介護保険請求事務者2級
【領域I:筆記30分】介護保険制度の知識(正誤形式)
【領域II:実技120分】介護給付費明細書・公費・福祉の知識、診療報酬算定上の知識(居宅4枚、施設2枚)

●医療保険請求事務者(歯科)2級
【領域I:筆記30分】歯科保険制度・公費・福祉の知識、診療報酬算定上の知識(正誤形式及び筆記形式)
【領域II:実技120分】歯科診療報酬明細書の作成(レセプト3枚)

●調剤薬局事務者2級
【領域I:筆記30分】医療保険制度・公費・福祉の知識、診療報酬・医療薬品の知識(正誤形式)
【領域II:実技120分】調剤診療報酬明細書の作成(レセプト3枚)

試験日
●複数の日程で「試験日」を設けていますので、ご希望の日時を選択してお申し込みください。
<姫路会場>
■毎週水曜日:10:00〜12:30
■毎月第三土曜日:13:30〜16:00
<他会場>
■応相談

試験会場
神戸会場
明石会場
洲本会場
姫路会場
小野会場
津山会場
■東京会場(現在のところ実施予定はありません。詳細についてはお問い合わせください。)

受験資格
■不問

受験料
■全資格一回につき、6,500円(税込)※H25年8月1日より

受験願書
■当サイトの「願書ダウンロード」ページより、ダウンロード後プリントアウト(wordファイル)してください。
もしくは、弊社までお電話にてご請求ください。

受験手続
■全国医療関連技能審査機構へ、お電話で受験予定日の一週間前までに受験日と最寄りの会場をお問い合わせください。
受験当日、受験会場に「願書」と「受験料」を添えてご持参ください。

受付期間
■受験予定日の一週間前になります。
事前にお問い合わせの上、定員状況をご確認ください。

合格基準
■領域I及びIIともに70%以上の得点率を合格といたします。
※過去一年以内に当該試験を受験された方でI、IIいずれかの得点率が70%に達している受験者で、不合格領域のみ受験を
希望される方は、受験領域の試験時間になります。

合否通知
■受験日より、約三週間後に発送いたします。

認定証の交付
■郵送にて、お送りいたします。

注意事項
※試験会場へは「電卓」「教材」の持ち込み可能です。(医療情報システムオペレーター2級は除く)
※解答はHBかBの鉛筆、もしくはシャープペンに限ります。
※携帯電話等の電源は、必ずお切りください。マナーモードも不可となります。